コック

短期間で身につける

笑顔のコック

フード業界で活躍するには、料理の専門学校に行くことで基礎から学ぶことができ、いろいろな経験値を積むことができます。多くの仲間も作ることができ、夢に向かって切磋琢磨することが可能です。
フード業界で求められている事は、即戦力になることです。現場の流れやスピード、効率よく料理を行っていくことを考えながら厨房に立つことが大切になります。そういった感性や雰囲気を学びつつ、専門的な知識を身につけることができるのは、専門学校ならではです。
料理を専門に学べる学校では、実習をメインにしていることが多くあります。それは、一人で一つの製品を作ることがフード業界で求められていることだからです。一人で全てを製造することができる技術を短期間で身につけることができる専門学校を卒業することでどの飲食店に行っても即戦力として働くことが可能です。

専門学校では、料理だけの勉強をするだけではありません。調理技術やできた料理の盛り付けの方法などの基本的な技術を学ぶことが大切になります。
授業の流れとして、プロの講師が実演してくれます。生徒は実演をしっかり見ます。そして自分で制作していきます。プロの行ったことをイメージしながらやっていくことが大切です。制作できると講師のチェックが入り、個人個人にアドバイスをしていきます。こういった流れで技術を取得していきます。
専門学校で教えてもらうことができる講師は、常に現役のプロ講師であることが多くあります。現役だからこそ、教わることができることがあるので、短期間で技術、知識を身につけることができるのです。